トップページ事業平成25年度の事業>子育て支援者「15のまなび」

 ようやく、どの地域にも子育て支援の施設があり、多くのママと赤ちゃんの居場所が確保されてきた感があります。「そこに来ることが出来るママは大丈夫」とよく耳にしますが、本当に来ているだけで大丈夫でしょうか?
私たちは、「親子の居場所づくり」だけでは解決できない、もっと根本的な育児不安の課題を感じずにはおれません。その不安の根本的な原因をみつけ、一人ひとりに即したアドバイスができる支援者になることが急務ではないかと考え、「子育ての文化研究所」を設立し、研修会の開催を企画いたしました。
この「15のまなび」の講座は、あまり子育て支援の研修では行われてこなかった内容かもしれません。
出産に始まり、だっこやおんぶの仕方や意味、身体にふれ動かすワーク、皮膚と脳の関係、愛着研究、過去の日本の子育ての様子を知ることなど、いわゆる子育て研修とは違う視点の先生方と出会うことで、いろいろな感情の琴線にふれ、新たな発想が生まれるのではないでしょうか?
人が生まれ、大人になるまでの長い道のりの第一歩をサポートする私たち子育て支援者の仕事は、本当に大切な仕事です。是非、皆さんご一緒に学び、感じ、体験し、今直面している壁に穴を開けましょう。

クリックするとPDFデータが開きます。
JPGデータはこちら

クリックするとPDFデータが開きます。
JPGデータはこちら

13回券  18,000円
*講座終了後、内容をまとめた冊子を進呈
*参加できない回は代理の方に出ていただくことが可能です。
詳しくは 参加方法 をご覧ください。